忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

カテゴリー「カナダ編」の記事一覧

日本人研究者

 学会最終日には日本人の発表も数件見た.
 
国内会議の焼き直しが多いので,見ることはあまりないのであるが,パラレルセッションで,最終日ともなるとさすがに裏にいい発表もなく,そのまま会場にいた.
 
思うのは,
 
・カンペの棒読みが多い.
 
・質問に答えられない
 
という日本人学者が多いことだ.
 

国際会議に来てはいけない.
 

酷いのになると最後まで何という質問ですかと何度も聞き直し,質問者があきらめてしまうというのもあった.
 

さすがに耐えかねて,彼への2つめの質問は日本語で翻訳してあげた.
 
が,これは感謝されるのではなく,彼としては侮辱された気分あのであろうか,憮然としている.
 
これでは大学者とはいえない.
 

また,やりとりがよくできないのを見て,あえて聞き取りにくく質問をする意地の悪い団塊世代日本人もいるが,端から見ていて見苦しい.
 
こういうシーンに出くわすと非常にいやな気分になる.


 
だから極力自分の学生以外の日本人の発表はあまり聞きたくない.
 
むろんすべてではない.
 
それぞれの人徳の問題であろう.
 
ただ,狭量な者が多いという感じがする.
 

そういう余韻(どんな余韻だ!)を残して,最終基調講演を聞き,クロージングレセプションに参加.
 
次回,また,あいましょうと挨拶をして,ワインで乾杯をした.


 
しかし,飲み足りない.
 
仕方なく,近くのパブに行き,ビールで締めておいた.

しかし,食べ物が合わない・・・・最後まで.

DSC07052.jpg


写真はPubでつまみで頼んだNacho.納豆ではない.


よろしければ,ぽちっとな→..→人気ブログランキングへ

拍手[1回]

PR

バンケット

 カナダ滞在も終盤.

今日はバンケット.

DSC07009.jpg

バンケットは博物館の1階にテーブルを入れフルコースディナーであった.

バンケットでは必ずアトラクションがあるが,今回はインディアンによるダンスであった.

カナダ先住民の後はアメリカと言うよりは英国よりの歩みをしてきているカナダは歴史が浅い.

歴史という点では日本やヨーロッパの方がおもしろく,魅力的である.

そんな話を隣に座ったドイツ人と盛り上がった.

このドイツ人は相当な日本ファンで「火垂るの墓を」見て泣いたという.

娘さんが日本のアニメにはまって日本にアニメ留学をしたいといっているほどだという.

最初は冗談と思っていたが,本気らしい.

それで,このドイツ人と歴史からアニメの話まで盛り上がり,研究の話はほんの2割以下であった.

バンケットが終わり,ほとんどの席から人がいなくなっても,彼は私と話を続けたがった.

他国の人と話をするときに歴史に関する教養は不可欠であることを再認識した.

横にいた学生は最初は頷いて話を理解しているふりをしていたが,途中であきらめたようであった.


よろしければ,ぽちっとなをお願いいたします→..→人気ブログランキングへ

拍手[0回]

戦いとはいつも二手三手先を考えて行うものだ

 早朝からずっと国際会議.

DSC06904.jpg

朝一のセッションでドクターが発表.

なんかテキトーで私としては不満が残るが,本人は自分を絶賛.

「そういうことでは伸びないよ」とあえて苦言を呈しておく.

質問は助け船直前まで行くが,何とかしのげた.

親切な座長様のおかげである.


M2君は午後2のセッションで発表.

はじめての発表にしては上出来.

質問は一つだけ助けたが,後の2件は何とかしのげた.

これは座長さんがいちいち簡単な英語に一度翻訳されてくださったようだ.

頭が上がらない.

準備が足らないのだ.

戦いとはいつも二手三手先を考えて行うものだ


夕方は今日もレセプション.

とはいえ,今日もクッキーと飲み物のみ.

ここでK大の先生に見つかってしまい,今度の学会の雑用をお願いされる,

何で,おいらって断れないんだろうか・・・・.

クラッカーだけではおなかがすくので,学生さんの発表の打ち上げを兼ねて,Pubでいっぱいやる.

学生さんは相変わらずよく食べた,

今日もカロリーとりすぎっす!


しかし,やっぱり学生は厳選して連れて行って,後は自分で発表すべきだなあ.

よろしければ,ぽちっとな→..→人気ブログランキングへ


拍手[0回]

フットパス

 日曜日.

なのであるが,次の学会は日曜の夕方から始まる.

午前中は特に予定を入れないで,フットパスという散歩道をひたすら歩いてみることにした.

とはいえ,出発はお昼前.

あまり早く出過ぎると昼前に疲れて帰ってしまうと思ってのことだ.

川沿いのフットパスを歩き,橋を渡って,博物館へ.

とりあえず入ってみた.

博物館はカナダの先住民から現在に至るまでの歴史博物館で結構にぎわっている.

日本だとあまり流行らないような気がする.

しかし,ゆっくり見てしまった.

するともうお昼を過ぎており,とりあえず,博物館の隣にある食堂へ.

食堂はビュッフェ方式.手軽でいいし,チップもいらない.

外で巨大なピザをいただく.

DSC06893.jpg


コーラとセットで500円くらい.

それからさらに歩く.

歩き続けて,いつも見える国会議事堂が遙か彼方に・・・.

DSC06900.jpg

歩きついでにスーパーによって飲み物などを調達.

その後急いで着替えて,会場に向かう.

歩数は2万歩を超えた.


会場に行くと空手子ちゃんがレジストに名前がないとか言っている.

が,オープニングセレモニーが始まる時間なので,それに参加し,最初の基調講演を聴いて,様子を聞きに行く.

空手子ちゃんが行くとあまり相手にされなかったようだが,私が行くと,すぐに解決.

すべてのチケットやコンファレンスバックを手に入れて,ウエルカムレセプションに参加.

ウエルカムレセプションはあまり食べ物はない.

ビスケットに,チーズ,イチゴなどの軽食に好きな飲み物2杯まで,

せこいニャー.

が,これでよかった.

大聖堂にオルガンコンサートを聴きに行きたかったからである.

オルガンコンサートとはいえ,完全なる礼拝.

荘厳な雰囲気に学生は「いつ出ようか・・・・でられん・・・」ということしか考えていなかったという.

ばたばたした日々に何となくゆったりとした気分に浸れた気がしたのは私だけだったらしい.

が,それもつかの間,ドクター学生が

「発表楽勝っすよ」と

言っていたので,安心しきっていたが,念のためにとホテルに帰ってみるとぼろぼろ....

しかも,トラペ(プレゼンのPPT)の英語もめちゃくちゃで1ページ目から治す羽目に・・・・.

来る前に見たはずなのに,直してなかったのね...

泣けるのおお・・・・

そこんとこ行くとこちらに来てから毎日に練習していたM1君は余裕すら感じられるようになってきた.

2名とも明日発表.

どうでるか!

乞うご期待..

乞うぽちっとな→..→人気ブログランキングへ

拍手[0回]

サービス料

 午前中で1つめの学会は終了した.

とはいえ,明日からは次の学会.

今日は半日休みとなるわけである.

ということで近くの美術館へ向かう.


DSC06831.jpg

ここの美術館は近代芸術から有名どころまで,いろいろと見応えがある内容であった.


写真は入り口におかれたオブジェ.

この美術館の特徴ともなっている.

ちょっとグロテスクな感じもするが・・・.


その後,遅い昼食をとる.

美術館のすぐそばのPub

テキトーにサンドイッチのようなものを頼む.

DSC06840.jpg

このカナダでの食事でめんどくさいのが,チップである.

会計の際にサービス料が含まれているかどうかを確認しなければいけない.

それで,サービス料が含まれていないようであれば,15%程度のサービス料というか,チップを渡さなければいけないのである.

ヨーロッパではあまり渡したことなかったが,カナダでは律儀に渡してきている.


その後,少しバイマートマーケットをのぞいて,部屋で小休憩.

夜は和食が恋しくなり和食屋へ.

水車(Suisha Gardens)という店.

日本人スタッフがやっている.

天ぷらすしセットを注文.

DSC06853.jpg

学生は蕎麦とかお茶漬けとか和食系の王道を頼む.

板前さんも日本人でそういう意味では安心だ.

上の写真のセットが17.95カナダドル.まあ,これはいい.

それで,ここはどうやらサービス料が会計時に上乗せされているらしい.

それに気がつかずにサービス料を10ドル程度おいてきた.

サービス料込みなら,会計時にそういってくれよー.

同じ日本人でしょ?

というものの在外邦人というものは往々にして,たまにやってくる日本人を馬鹿にしているものかもしれない.

カナダのちゃんとしたレストランではサービス料は入っていますといって,断ったものね.

プロ意識とはそういうものだ.

しかし,このサービス料の習慣離れるのに時間がかかりそう.

めんどうだ.

日記継続のモチベーションをくださればありがたいです.
ぽちっとな..→人気ブログランキングへ


拍手[0回]

カウンター

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 8
14
16 17 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]
[09/09 隣人]
[07/16 無名研究者]
[01/31 とおりすがり]

最新記事

(07/19)
(07/18)
(07/15)
(07/13)
(07/12)

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]