忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき

カテゴリー「スタンフォードの自分を変える教室」の記事一覧

将来を売り飛ばす

忘れていたころに現れるこのトピック。

私自身も忘れていた。

・・・・。


将来のことを思いがけずにいると、誘惑に負けたり物事を先延ばしにする。

このとき我々は将来の自分は万能の自分と思ったりする。

締め切りをほっておいても、1ヶ月後の万能の自分が2日で何とかしてしまうだろうとか、いつも思っていたのは私だけではなかったのである。

誘惑を感じたとき、どうするか。

10分間待つのである。


(なんでこの画像なのか分かる人は中高年です)

・・・。

その間に誘惑を忘れてしまったりすることもあるという。

さらにはその誘惑自体をどんどん排除していき、逃げ道をなくしてしまう。

まあ、始めてしまえば集中できるものである。

さらには、将来の自分に手紙を書いたりするのも良い方法だという。

こういうネットサービスもいろいろとあるらしい。

 未来の自分にメールを送れるシステム http://www.futureme.org/ 

なるほど。

こう考えると、締め切りというシステムは良くできたものだな。

時間とともにどんどん追い込まれていく。

そういうことを特に締めきりのない論文執筆に対しても設定していくことが重要だ。

・・・。

とはいえ、目の前の締め切りをまずは何とかしないと。

まだまだや。

・・・・。


拍手ありがとうございました。

拍手コメント、ありがとうございました。

大変参考になりました。


皆様、良い連休を


いつも読んで頂きありがとうございます.


こちらから出ていただけると励みになります。
よろしくお願いします。 → 

拍手[5回]

PR

RE:きゃあ,じぶんごろし

ということで,久々にこのカテゴリー.

今日は「どうにでもなれ」

ストレスを感じると自分にご褒美を出そうとする傾向があるということ.

たとえば,ニュースで殺人事件などを見てストレスを感じることで合間に挟まるCMの高級な商品を買ってしまう傾向にある.

ニュースを見るのをやめるだけで夜食が減ったという報告すらある.


ストレスを解消するには効果のあるストレス解消法とない方法がある.

自分は効果の無い方法を常に行っていた様な気がする.(お菓子を食べるなど)


それから「どうにでもなれ効果」.

この効果は慰めの言葉で緩和される.

従って自分を責めて負のスパイラルに陥ることを回避しなければいけない.

投げやりになって誘惑に負けたり,新たに目標を立てたりして負のスパイラルに陥ることなく,最初に立てた目標を遂行することが重要なのである.


「スタ自」本



にて詳細はご覧ください.



拍手ありがとうございました.

いつも読んでいただきありがとうございます.


こちらから出ていただけると励みになります →  


拍手[3回]

脳が大きなウソをつく

満足感や快感を得るから人は行動するのではなく,それらを得られるという期待のために行動するというわかりやすい話.

よって心を動かすものの正体を考えてみることで理性が取り戻せる.

香りや美しい女性を使って,そんなに興味がないものにドーパミンを出させて,買う方向に導くのが今のマーケティングである.

報酬への期待で行動する本能があるためである.

さらにそのときに同時にストレスや焦りもあることを達観的に観測してみるもの良いことである.

わざと快感の誘惑に負けてみて,菓子をたらふく食べてみて,期待したとおりに楽しかったかどうかなどを観察してみるのもよいそうだ.


あと,私はどちらかというと早食いなのであるが,それを我慢して,ゆっくりと食べる練習をすることにより,食べ物に対する自制心が強くなり,体重ばかりかストレスまで減ってくという研究もあったそうだ.


満足感をもらたらすと信じていたものが実は惨めな気持ちにさせる原因なのである.


ええ話や.


「スタ自」本



にて詳細はご覧ください.


拍手,ありがとうございました.

いつも読んでいただき,有り難うございます.



こちらから出ていただけると励みになります →   


拍手[2回]

罪のライセンス

久々のこのカテゴリーを更新.

自己コントロールを向上させるには,道徳的な良し悪しよりも,自分の目標や価値観をしっかりと見つめることが重要である.

締め切りや査読を終えたからといって,後はだらだらサボったり,学生とミーティングをして指導しただけで,満足して自分を甘やかしている現状がある.

・・・・.


それに気がついたら,ちょっと落ち着いて,それがご褒美(だらだらとしていいか)に値するかどうかではなく,自分はなぜ査読や学生指導をしたのかを考えてみる.


そして,明日も同じ行動をすると考える.


それらの効果についてはここでは述べない.

「スタ自」本



ご参照ください.



いつも読んでいただき,有り難うございます.



こちらから出ていただけると励みになります →   

拍手[2回]

実践:スタンフォードの自分を変える教室 1

先週,講演の謝礼で頂いた図書カードを持って,Jrの図鑑を買いに行った.

Jrが選んだ図鑑は

大むかしの生物


であった.

私が愛読していた昔の恐竜図鑑と違って,本当に新しい生物がたくさん加わっている.

日日古代生物学者の皆さんも頑張っておられるのだ.


私はある数学の本を探したのであるが,田舎本屋なので見当たらず,ベストセラーコーナで

スタンフォードの自分を変える教室

を衝動買いした.

この中身が1章ずつ1週間かけて実践するとよさそうに感じたので,まず,1週間目を実践したのであった.

(1)やるべきことは何か?なぜそれを行うことが難しいのか?

  論文をまとめたい.

  さらに,学生のフォローをしたい.

  しかし,学科長仕事で時間を奪われているため,十分な時間がとれない.

  それを理由にやる気を削いでいるのかもしれない.

(2)もう一人の自分に名前をつける

  小五郎.

  逃げの天才.

このほか,集中力を上げるために,瞑想が良いようである.

瞑想した日も会議が入って,やらない力ではなく,やる力の方に集中力を発揮してしまった.

それじゃ,だめじゃん.


この実践編は続けてみたいと思うのであった.


今日は家のことでいろいろとあったが,それはまたの機会に書くとします.

書かないかもしれませんが・・・.


ジロウ先生,拍手コメントありがとうございました.

ほんまにあと1ヶ月の辛抱だと思うと何とか続いております.


また,拍手もありがとうございました.



いつも応援,ありがとうございます.


こちらから出て頂けると励みになります →  

拍手[0回]

カウンター

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
8
12 13
16 21
24 25 26 27 28 29
30

最新コメント

[11/04 油絵 ギフト]
[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]
[09/09 隣人]
[07/16 無名研究者]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]