忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

「たのもしさ」を大切にしてきた

大学に戻った。

韓国の人々は大変親切であった。

ホテルのフロントで教えて頂いた地元民が行くという焼き肉屋さんも良かった。



お店の人も親切だった。

#全く言葉は通じなかったけど・・・

ホンワカした心持ちで韓国を離れた。

 
大学ではBilly先生から学生さんたちの進捗報告を聞く。

Billy先生もついてきたかったようだが、2人で大学を離れて、国際会議でプラプラするのは間違っている。

折角、ちゃんとした助教さんに来て頂いたのである

私がいないときにはBilly先生が学生たちの面倒を見て、Billy先生が出張の時には私が厳しく督戦する。

そうでなければ意味はないのである。

それで甘党のBilly先生にはたくさんのチョコをお土産とした。

ありがとうございました。


学生さんたちには洒落で唐辛子チョコというのを韓国の空港で買ってみた。

辛い辛いと言いながらも夕方までにはなくなっていた。

いつもであると数分でお土産はなくなるので、それだけ辛いチョコだったのだ。

・・・・・。


久々の輪講はチャラ君から。

#久々と言っても私が久々参加なだけで、会議で私が出られないときもBilly先生がすすめてくださっている

ちゃらくんは帰りの飛行機で一生懸命準備していた。

が、質問攻撃には耐えることができなかった。

また、プレゼンを英語で始めようとしたのは良いが、薄いメッキですぐに剥がれてしまった。

格好つけようと思ったんだろうけど、かえって格好悪かった。

・・・・。

それから、ランナー君、オリーブさんと大体一人10分の輪読で質問が20分ぐらい。

これで力をつけていくのである。

継続しなければいけない。

厳しい質問をどんどんしてあげなければいけない。


その後はできるだけ学生さんたちと一人一人話すように居室を回った。

が、Billy先生も横わけ君やオリーブさんのフォローを横でしてくれたりしてして、何とも”たのもしい”。

鎌倉時代の武士たちは、「たのもしさ」ということを、大切にしてきた。

人間は、いつの時代でもたのもしい人格をもたねばならない。

男女とも、たのもしくない人格に魅力を感じないのである。

                  司馬遼太郎「21世紀に生きる君たちへ」
私も「たのもしさ」を大切にしております。

・・・・・。


それで、安心して、今度は明日からの学会準備に集中することができた。

学会準備と言っても裏方なので、発表の準備ではなく、会議の資料作成や議事録整理である。


準備がほぼ整ったところで再度学生さんたちの部屋を回る。

すると、まだ、Billy先生が学生さんのフォローをしている。

たのもしい。


ありがたいことである。
 
2人で交互に学生さんたちを学会に連れて行ったとしても、残った学生さんたちのフォローは継続的にできる

変なベクトルで突っ走っていく学生さんもこれからは少なくなるかも。

と期待するのであった。


拍手、ありがとうございます。

いつも読んでいただき,有り難うございます.


こちらから出ていただけると励みになります →

拍手[2回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
5 6
8 11 12 13
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[08/17 若松若水]
[08/12 mc3t3e1cells]
[08/11 mc3t3e1cells]
[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]