忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

アンヌ先生、登場

図書館の展示を終えると、N大のH教授とアンヌ先生とその学生さんがやって来た。

アンヌ先生は医学部助教さんで、H教授と親友のK教授の科に所属する。



共同研究の打ち合わせである。

アンヌ先生はその有り余る知識をあまりひけらかすことなく、ほほえんで、オリーブさんのプレゼンを聞いている。

その姿も美しい。

それで要所要所でビシッビシッと鋭い質問をしてくださるのである。

その質問がまた理路整然としていて、それで少し怖いような印象をまわりに与えているのかもしれない。

オリーブさんのプレゼンの後、今度はアンヌ先生の学生さんのプレゼン。

このプレゼンがかなりこちらに気をつかってくださっているのが分かる。

突っ込みどころをきちんと用意して、どの点で協力体制を作ればいいのか一目瞭然なのだ。

こんな気配りもできて、能力がある助教さんがいるのである。

医学部は違うな。


プレゼンのあとは、こちらの実験手法を体験して頂く。

このあたりの案内はオリーブさんに任せておいて、自室で論文チェックなどを行う。

それから帰り支度を整えたところで、アンヌ先生たちは戻ってこられた。


その後、バスに乗って町に移動。

懇親会なのだ。

アンヌ先生のボスのK教授も懇親会からは参加。

郷土料理の美味しい少しリッチめなお店を予約しておいた。


オリーブさん、大喜び。


K教授がおられると、アンヌ先生の様子も少しばかり違っている。

さらに表情もピリリと引き締まってくる。



医学部学生さんなんかはビールのピーチャーをもって回り始めた。


K教授からはいろいろと医学部のことを伺って、非常にうらやましさも感じたが、それ以上に大変さも感じた。

異なる大学、学部の先生との交流はためになる。

いろいろな研究ネタの宝庫でもあって、この先の研究進展も楽しみになってきた。

K教授は早々に辞去されて、○○会社が一席設けていると言うことでそちらに向かわれた。

私も誘われたが、丁寧にお断りした。


その後、2次会にも行ってみた。

いつものIrishPubであるが、今日は金曜日ということも有り、ほぼ満席。

カウンターに並んで座る。

私の横にはアンヌ先生・・。

近くでその魅惑的な笑顔を相手にお話しする。


すると、いつの間にか私はアンヌ先生に招待講演の場を用意することを約束していた。

さらに、明日は近くの観光名所に案内することまで約束してた。

・・・・。


アンヌ先生、恐るべし

#って、おいらが軟派なだけか・・・。



いつも読んでいただき、ありがとうございます。


こちらから出ていただけると励みになります。
よろしくお願いします。 → 

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
5 6
8 11 12 13
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[08/17 若松若水]
[08/12 mc3t3e1cells]
[08/11 mc3t3e1cells]
[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]