忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

仕事のあとのラーメンはうまい

今日は定期的に行われる研究公開の日で学生達は会場のある市街に直行.

とはいえ始まるのは昼からなのだ.

なので,私は大学に出て静かな研究室で時を過ごす.

余裕がなくて散らかり気味であった書類や事務仕事をテキパキと片付けていく.

部屋が綺麗になると心にゆとりも出てくるものだ.

そんなスッキリした気持ちで会場へ.


研究公開といってもあまり聴衆はいない.

こういう行事は意味あるのだろうかと疑問すら感じるほど聴衆がいない.

であるが,出展しなければしないで協力心がないと言う話になってしまう.

だから,出展はやはり続けなければいけない雰囲気なのだ.

私も説明員として立つと言うより,その会場にいると言うことが重要なのだ.

・・・・.

もうこの時点でダメだな・・.

・・・・.


それで講演会が終わるのを待って,その会場の片隅で,学生さんとミーティング.

このミーティングのためだけに私はパソコンを持参して,そこに学生さんの結果を出しながら,個人個人と議論していくのである.

こうして不毛な時間を有意義な時間へ変えていくのである.

・・・・.


いいすぎか.


この物語はフィクションである.


と一応書いておこう.



この個人個人とのミーティングでランナー君との議論が一番時間がかかった.

彼のまとめ方はやったことを時系列順に述べているだけで,因果性の観点が欠如している.

なぜその実験をしたのか,そして,その結果からどういう考察ができて,それによって次にどういう点を考えていくべきか.

それらが全くない.


長距離を走るときの頭の中の構造と同じなのだろうか.


・・・・.



こうしてミーティングが終わると共に催しも終わった.

よかった.よかった.


その後,近くに新しくできたというサテライトキャンパスをみんなで見学に行く.

なんだかえらく綺麗.

我々からピンハネされた間接費がこのように贅沢に使われているんだなあ

と感心する.

来月から学会の幹事だし,この会場は利用できる.

下見をして良かった.


そこから,駅まで歩く途中で,Y君が空腹を訴える.

しかし,まだ夕食には早い時間だ.


おいしそうな臭いのするカレー屋の前を通り過ぎた.

少し空腹感を感じる.


地元で有名なラーメン屋の前を通り過ぎた.

引き返す衝動に駆られる.


それから,しばらくしてランナー君が行きつけのラーメン屋に行こうと言いだした.

そのときにはY君とランナー君と私の3人になっている.

他の学生さんは途中で濾過されていったようだ.

誰も反対者はなく,そのラーメン屋さんへ.

そのラーメンは豚骨ベースで辛子のようなものが載せられたラーメンであった.

大人気だという.

私はあっさり系が好みなので,

何で流行ってんの?これで?

と彼らに聞くと,

味音痴!

といわんばかりにまじまじと見られた.

・・・・.


まあ,いいか.

・・・.



拍手,ありがとうございました.

いつも応援,ありがとうございます.


こちらから出ていただけると励みになります。

よろしくお願いします。 →  


拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3
10
18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[08/17 若松若水]
[08/12 mc3t3e1cells]
[08/11 mc3t3e1cells]
[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]