忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

内定がとれない問題

就職委員のお仕事.

今年度卒業の内定がとれてない学生さんを集めて,面談をするというものだ.

これは同じく就職委員のM先生の発案.

大変だっと思っていたが,内定がとれていない学生さんは少なくて数名であった.

M先生と分担して個人個人と話していく.

それでまず思うのが,そういう学生さんは自主性があまりなく,就職に関してはどこか他人事であるということ.

さらには,その学生の担当教員がそういう就職指導をほとんどする気がないこと.

これらが重なった学生さんに不幸が生じている傾向である.


大学教員は研究指導していれさえすれば良いという時代は過ぎさった.

就職のケアーもしてあげなければいけないのだ.

しかし,そんなケアーをしてまで社会に送り出したところで,すぐに荒波に揉まれて,企業を1年で辞めてしまう学生の存在が問題になっているのも事実.

だからほっておくのが一番という指導しない先生方の理屈もあるが,できることはやってあげなければいけない.

教員という以前に困った人は助けなければいけない.

人間だもの.



・・・・.

そしてそういう不幸にあわないように,研究を通して教育して訓練していくのも役目のはずだ.

しかし,就職委員という立場である.

そんなことを言っても反論されて終わりだろうから,未内定の学生の面倒も見ていくことにした.

・・・・.


何で仕事しない先生のしわ寄せまでこちらにやってくるのか.

泣けることよ.

・・・・・・.


しかし,そういう先生には何らかのプレッシャーが必要だな.

ちょっと考えないと.

すくなくとも,

ちっとはそういう面倒も見ろ!

ぐらいいってもいいかもしれない.

しかし,それも面倒だなぁ・・・.

・・・・.


居室に戻って,明日の共同研究報告会の打ち合わせ.

伊達さんとランナー君のプレゼン資料を直していく.

素直で向上心のある学生さんたちである.

もう少し磨いてあげないと.


夕刻,結城君が久々にやってきて,

最近海外雑誌の査読依頼が良く来るようになったんですが,断っちゃダメなんですかね.

なんてふざけたことをいっている.

それでも学者か.お互い様だろう.査読も勉強だ.

などと,いつも査読遅れ気味の私が偉そうに説教する.

・・・・.


そんな結城君ももうすぐ遠い関東の大学に行ってしまう.

うーん,時の過ぎ去るのは早い.

そんなことを感じた水曜日の夜.

・・・.



拍手,ありがとうございました.

いつも応援,ありがとうございます.


こちらから出ていただけると励みになります。

よろしくお願いします。 → 

拍手[2回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3
10
18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[08/17 若松若水]
[08/12 mc3t3e1cells]
[08/11 mc3t3e1cells]
[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]