忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

卒業生の愚痴を聞く

今年のゴールデンウィーク(GW)は日並びが悪いと言うが,卒業生の多くは日並びに関係なく,4月の週末から5月5日ぐらいまで10連休だ.

よって,GW中のウィークディには卒業生たちが訪れてくれる.

早速,小沢君(2年前の修士卒)がやって来た.

小沢君はリクルーターも兼ねている.

いつが空いてますか?

と小沢君から電話があったので,どうせ帰省するだろうからGW直前を指定してあげたのだ.

小沢君は就活ではずいぶんと苦労したが,東京のソフト系の会社に勤めている.

G研究室ではメーカーに行くものが多いので,小沢君の会社の話に興味を示すものは少ない.

が,小沢君の就活に関する話は大いに参考になるようで学生たちに遅い時間まで囲まれていた.


もちろん,小沢君は学生居室に行く前に私を訪ねてくれた.

会社説明を形通りに聞いたあとは小沢君の愚痴を聞いてあげた.

彼の現在の最大の悩みは,

  • 同期が同じ部署にいて彼がずいぶんとできる奴であると言うこと
  • 課長があからさまにその同期を重宝する

と言うことだ.

それをぐちぐちぐちぐち・・・・・・・・と話す.

・・・・・.
ずいぶんと小さい世界で生きているな.

学生時代は世界と戦っていたじゃないか.

そのできる同期にしてみればどうだろう.

小沢君のことなんて気にしてないぜ.

彼はまさに世界とは行かないまでも会社を代表して戦っている気分であろう.

そんなの気にせずに小沢君には良い持ち味があるんだから,それを大事にして,目の前の仕事を全力でこなしておけば良いんではないの?
と言っておいた.

また,上司に関しては
できるものに期待をかけるのは普通である.

そのことを嫌みとして感じるとしたら,まずは自分の醜さを憎むべきである.

それを差し引いてもまだ上司の行動があからさまな依怙贔屓と感じるのであれば,その上司の内容のなさを哀れむにとどめるべきである.
と言うような感想を述べておいた.


もう1年ぐらいすれば自分の持ち味を発揮して自信を持って戦っていけるようになることを期待しておりんす.


てな感じで話をしたあと,学生居室をのぞくと,小沢君はそのまましばらく学生たちの相談に乗ってくれていた.

夕方遅くまでいてくれて,私が帰ることになってもまだ研究室にいて,M2たちを飲みに連れて行ってくれた.

この場合,私は同席しない方が良い場合もあるだろう.

と思って,私は辞去した.

ちょっと変なベクトルを加えないか心配ではあるが・・・.

#それじゃだめじゃん.

・・・・・・.


皆様,良いGWを.


拍手,ありがとうございました.

いつも読んでいただき,有り難うございます.


こちらから出ていただけると励みになります →  

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 9 10 11
12 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[08/17 若松若水]
[08/12 mc3t3e1cells]
[08/11 mc3t3e1cells]
[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]