忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

取材。だから風邪直らず。

まだ風邪が治らない。

今日は休んで直したいところであるが、訪問や取材も抱えていて、休めず。

村上さんが進行したプチ英語ゼミに参加したあとは、午後からの取材の準備。



地方の民放局から月曜日に取材の依頼があって、メールで取材内容を送ると言ってくれていたが、未だに送られてこない。

まあ、こういうマスコミ関係の方々はいい加減なので、それでも取材はあるだろうと思い、想定される内容を一応調べて整理する。


午後一は親組織から依頼されている研究内容に関してうち合わせ。

カヲル君に同席してもらって、研究の進捗とは別にプロジェクトが静かに進んで言っている有様を体感してもらう。



今回は宿題はなかった。


その後、しばらくして、OGの訪問。

2年前に卒業したFさんである。

とてもおとなしい大和撫子だったFさんは黒いスーツでビシッと決め、髪の毛も栗毛色に染め、アクティブな印象に変わっていた。



都会は人の印象を変えるものだ。

東京だょおー、おっかさん。

他研究室の就職希望者に面談に来たという。

近況を聞くと、3年目にして結構なプロジェクトを任されており、感心する。

仕事だけではなく、見た感じのActivityな都会感についても褒めておくと、随分照れくさそうにしていた。

こういう撫子感が残っているのは良いなあ。

Fさんには研究室の就職希望の学生さんにfranklyに就活や会社での話をしてもらいながら、新しい実験設備などを見てもらうことにした。

その間に取材を受けることにした。

開口一番、

「事前に送ると仰っていた取材内容メールが来てないですよ」

というと、

「おかしいなー。確かにメールで送ったんですけど・・。」

と仰る

来てもらって今さら中止とはいえないし、依頼のときに連絡先を私も聞いていなかったので、まあ、始めざるを得ない。

取材は1時間ぐらい

放送されるのは5-10分程度らしい。

まあ、以前のTVは取材半日でそんなものであったから、効率は良いといえる。

どのように編集されるか楽しみ。


取材が終わって部屋を出ると、外でFさんが待っている。

そろそろ帰るのだという。

頑張ってね。


気が付くと、風邪のどんよりした気分は抜けていた。

OG訪問のうれしさと取材の緊張感で風邪のどんより感は吹き飛んだと見える。


その後はその放送局や番組表をネットで見たり、取材で間違ったことを喋ってなかったか調べたりする。

こういうのは成果にならないけど、事務局経由で来るから断りづらいのである。

放送を通じて、やる気のある学生さんが門を叩いてくれるのを期待するのみ。

・・・。


いつも応援ありがとうございます。

こちらから出て頂けると励みになります→

拍手[2回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 8 10
11 16
22
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]
[09/09 隣人]
[07/16 無名研究者]
[01/31 とおりすがり]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]