忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

就職委員の仕事 礼儀と教養の教育

今日はガイダンスの日。

就職委員として講話。

今年の3年生から就活時期の変更がある。

以下の通り


http://www.kantei.go.jp/jp/singi/ywforum/zikihenkou_info.html より

現況、できる学生で大体4,5月で内定を得ている

この3年生が4年生になると、内定が出るのは8.9月と言ったところである。

研究室では内定後に研究が本格化するから、5月に就活が終わるとそのあとは研究に没頭できてよかったのである

が、来年からはそうはいかない。

できる学生でも前期は就活漬けである。

厳しい学生だと今もそうかも知れないが、1年ずっと就活だ。

・・・・。

4年生卒業だと碌な研究はできないことが加速されるわけである。

そうするとまともな理系は修士卒業からと言うことになる

#今もそうだけど、それがさらに加速する

まあ、政府の方針だから、仕方がない。

・・・。

と言う思いは思うだけにして・・・、

学生たちには就活に臨んで、何か自分について語れることがあるかを提起しておいた。

何百人も面接する企業の方が

「私は粘り強く、かめばかむほど味がでるスルメのような人間です。」(っていう人も少ないかも知れないが)

何百回も聞いたフレーズを最後まで聴くだろうか?


話をするからには独創的でなければならない。

そうでなければ沈黙しておく方がまだよい。

独創的にキチンと正しい日本語でコミュニケーションを取るためには、

この半年で具体的な成功体験をして欲しい、

夏に国際インターンシップに挑戦しろ、

経験的に礼儀と教養を身につけろ、

#今更こんなことまで言わなければいけない・・・

などなど厳しめな話をした。


みんなよく聞いてくれた。


講話が終了したあと、真面目な女子学生たちがインターンシップ先を見つけ方などを部屋まで質問しにきた。

そういうことを聞きに来ること自体、どうかと思ったが、まだ就活は始まっていないのだ。

丁寧に教えておいた。

・・・・。


その後はしばらくBilly先生と談笑しながら,やっとS先生が空けてくれた引っ越し先の部屋を見に行った。

そこにはゴミや什器がそのまま置かれていた。

S先生からの”部屋を空けました”というメールは何だったのだろうか?

確かに先生自身の持ち物はない。

ゴミと壊れた什器が置きっ放しにしてあるのである。

・・・・。

まずは教員の礼儀と教養から教育していかなければいけないのだろうか・・・。



ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・・(憤怒)

・・・。


いつも読んでいただき,有り難うございます.


こちらから出ていただけると励みになります →  

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 9 10 11
12 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[08/17 若松若水]
[08/12 mc3t3e1cells]
[08/11 mc3t3e1cells]
[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]