忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

愛が必要なのだよ.迂闊なのだよ.

もうすぐ卒業研究発表会なのであるが,朝のプチ英語ゼミは続いている.

4年生全員とランナー君,そして最近は毛分竜君も参加するようになった.

プチ英語ゼミのあとは進捗確認をして,そのまま毛君のためのプチ輪講.

プチが多いな.プチプチ・・・.

基本的な内容であるが,その基本的な内容に書かれているさらに基本的な項目をたずねていく.

こうすることで専門知識の勉強だけでなく,日本語能力も磨けることを期待してのことだ.


そのゼミが終わったところで,ちょっと大学を抜け出して,白川総裁の痔病院へ.



「最近どうですか?」

「落ち着いています」

「そうですか,はっはー」

で診察は終わり.

メイン目的は注入薬の取得である.

今回からはジェネリック医薬品に切り替えられて,200円安くなった.

私の前に薬を受け取ったおばさんは

「私はジェネリックだと効かないから,オリジナルのにして」

と訳のわからないことを言っていた.

・・・・・・.


そのまま学食に直行.

空いた学食で昼食を頂き,今度は会議.

・・・・.

大学の広報に関する会議で,議事録をまとめる係である.

あとでまとめ直す時間が惜しいので,会議の場でカタカタと議事録を仕上げていく.

会議が終了してざっと見直してすぐに配信.


戻ってからすぐに4年生の発表練習に付き合う.

ちょうど全員のプレゼンを見たあたりで企業の訪問.


人事の方と志望理由に関して様々と話をした.

「地元が良いので」

なんて面接でいってくる学生が最近の多いらしく,

「それだけの理由かよ」

と思いながら辟易するのだという.


教育にも愛が必要であるが,就活にも愛が必要なのである.


何で愛したの?

地元だからさ.

私のことわかってないじゃない.そんな愛はウソね.

ということである.

・・・・・.


その後はプレゼンの用意をして,1年生に学科紹介に行く.

夕方なので学生さんも疲れ気味であったが,一生懸命聞いている.

えらい.

私が彼らなら,サボっていたかも知れない.

・・・.


研究室に戻って再度プレゼンに付き合おうかと居室を覗くと,伊達さんしか残っていない.

みんな用事があって帰宅したという.

・・・・.

今年の4年生,余裕かましているな.

そして明日は卒業研究の発表会なのである.

・・・.



拍手ありがとうございました.

いつも応援ありがとうございます。

こちらから出ていただけると励みになります。

よろしくお願いします。 → 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
5 6
8 11 12 13
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[08/17 若松若水]
[08/12 mc3t3e1cells]
[08/11 mc3t3e1cells]
[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]