忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

憤怒の月曜日

出張三昧の週を終え,今日からはきちんと学生さんのフォローに専念しなければいけない.

が,それを察知したが如くに会議を入れられてしまった.


そこで時間をずらしてスケジュール確認.

1週間ほどBilly先生が留守番をしてくれていたとはいえ,結構問題が山積している.

まだまだ慣れていないせいか,鋭く切り込んで指導していく境地には達していないようだ.

そこで丁寧に問題点を聞いていき,解決策が出るものにはその場で考えてみて,厳しそうなものはあとで個人ミーティングをすることとした.

全体のスケジュール確認が終わると早速バンビ君が部屋をたずねてきた.

すぐにでもミーティングをしたいが,会議の準備がある.

会議後まで待ってもらうこととして,準備に没頭する.


会議はできるだけ短時間で終わるように進行をスムーズに勤めた.

会議後,T教授に

「何で俺がこの会議に出なければいけないのだといっている先生もいるからすこしメンバーを選定してはどうか?」

と言う話があった.

・・・・・.

そこでその先生が誰かを聞き出し,上段回し蹴りをお見舞いしておいた.



というのは冗談で,その先生が誰かは教えて頂けなかった.

全く,腹が立つ・・・.

仕事も研究もできないのに権利ばっかり主張しやがって・・・.

・・・.



いらいらした状態で研究室に戻ると,ワンピースのよく似合った女子学生が待っている.

・・・・.

何の用かと聞くと,就職のことで相談があるのだという.

#こわい顔のままだったかも知れない・・・.

就職が決まらないのかな?

と話を聞くと,

学校推薦である会社に書類を出したが,やっぱり他の会社に行きたくなってそこにも応募してしまったから,先生,何とかしてけろ!

と言うような話であった.

・・・・・.

自分でせい!

と言いたかったが,ちゃんと対応してあげた.

途中で涙をぽろぽろと流し始める.

もう勘弁してほしいものだと思いながら,指導教員のK教授を少々恨みに思った.

面倒なことを押しつけられたものだ.

とは,就職委員という役目上思わない.

こうして,怒りを通り越して,疲れ切ったところで,バンビ君とミーティングをした.

角が取れていい感じで気長にバンビ君の要領を得ない説明を我慢することができるのだった.

・・・・.



今週も頑張りましょう.

拍手ありがとうございました。

隣人様、拍手コメント,ありがとうございます.助教さんにもいろいろと厳しいことを言わなければならないなんて,少々情けないですね.


いつも読んでいただき,有り難うございます.


こちらから出ていただけると励みになります →

拍手[3回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3
10
18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[08/17 若松若水]
[08/12 mc3t3e1cells]
[08/11 mc3t3e1cells]
[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]