忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

我慢して片付け

4月から新しくやってくる助教さんのために居室を整備。

隣の研究室から2部屋ほど交換でもらったのは良いが、中の実験機器がそのままである。

そろそろ移動してくれていると思ったのだが・・・

と思いつつ、そのD研究室に行くと、教授は春休みという脳天気ぶりである。


春休みを取るのか・・

理系で・・・


と思うが、我慢して、准教授の先生に作業日程の確認を行っておいた。


今日の移動は無理だな。


それで、私の前任者がたくさんの本をのこした小図書館のような部屋を居室にしようと本をチェックしていく。

前任者は本ばかりでなく、栗林助教という荷物も置いていってくれたわけであるが・・。

・・・・。

それでそれらの本はここに置いておくより図書館に置いておく方が良いだろうと判断した。

学会誌も1988年ぐらいのものからある。

今の学生たちが生まれた頃からのものだ。

まず、それらの学会誌を紐で縛って捨てる作業を学生とともに行っていく。

学生の誕生年月の学会誌は記念に渡しておいた。

・・・。


ドアを開けて作業していると、栗林助教がこちらに目を向けずに通り過ぎていく。

彼も本と一緒に捨てたい衝動に駆られたが、我慢した。



・・・・。



すべての図書は図書館に返却と思って台車に乗せた

が、ほんの親切心で栗林助教に

「必要な図書があったら、先生の部屋に持って行って良いですよ」

と声をかけるとそのほとんどの本ばかりでなく、ゴミ捨て場の側に置いた雑誌まで引き上げていった。

・・・。

デジタルライブラリの存在を知らないのかないな。

・・・・。


それで残りの50冊程度を図書館に返却。

栗林助教も図書館で引き取って欲しかった

が断られた。

・・・・。


と作業の一日。


前任者の本はもっと早く片付けておくべきであった。

空になった書棚は新任助教さんの部屋に運んで使用して頂く予定である。

そして、広くなった部屋には神君の居室である。


明日もこういう片付け作業である。


うーん、こんなことで充実感を感じている場合ではないのであるが・・・。


その間も締め切りは音を立てずに近づいてくるのであった。


・・・・。




拍手ありがとうございました。

まるぞう様、拍手コメントありがとうございました。今度ロンドンのPubで一杯やりましょう。


いつも読んでいただき,有り難うございます.


こちらから出ていただけると励みになります →  

拍手[2回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3
10
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[08/17 若松若水]
[08/12 mc3t3e1cells]
[08/11 mc3t3e1cells]
[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]