忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

研究

神敬介君がジャーナル論文の初稿をあげてくれたので、それを読んで、Discussionの補正を打ち合わせようと、学生居室に向かうと誰もいない。

・・・・。

輪講の日だったのだ。

春呆け?

単なる呆け?


ずん君が呼びに来てくれたので、10分遅れでスタート。

今日は博士学生の研究紹介だ。

研究紹介だけでなく、研究そのものに対する考えも熱く語ってくれて、その熱意は4年生にも伝わっていた。

神敬介君はテーマは貰うものではなく、自分で探すものだという。

あたりまえ。

しかし、最近はこれができなくなっている。

それで、仕方なく、先輩後輩システムというOJTを取り入れて、先輩の手伝いからスタートさせている。

その手伝いの中から自分の独自性を見いだすのはまだ良い。

最近は手伝いテーマをそのまま行っている雰囲気である。

種を見つけてそれを育てて自分の独自性を咲かせるのが必要だ。

本当に当たり前のことなんだけどね。

神敬介君とラガー君のプレゼンは4年生のハートをキャッチしたようだ。

そして、研究するということはどういうことなのかを考える良いきっかけになったように思う。


午後は人事関係の学科長仕事に殆ど時間を費やしてしまった。

学科の将来を考えるにはとても重要な仕事なのだが、仕事が特定の人、私、に集中してしまっていて、問題に思える。

それで、各分野の責任者に分担をお願いした。

できるだけ、みんなで考えていかないと。

とはいえ、書類作成作業がかなりの手間である。

・・・・。


夕刻は国から賞を頂いたI教授(隣の研究室)のお祝い会と新任教員の歓迎会。

学科の飲み会は4年ぶりぐらい。

私はI教授の隣に陣取って、いろいろな示唆を頂いた。

ありがたいことです。

頑張らないといけないなぁ。

まだまだや。



いつも読んでいただき,有り難うございます.


こちらから出ていただけると励みになります →  

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
5 6
8 11 12 13
15 16
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[08/17 若松若水]
[08/12 mc3t3e1cells]
[08/11 mc3t3e1cells]
[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]