忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

見合いに参加

今日のブログは少々酒の力を借りて書いている。

よって、正常な判断ができていない部分があるかも知れない。

まあ、その基準で思うままに書いてみることにする。

Billy先生の見合いのことである。

見合いと言うよりはお食事会。

秘書さんが友達の妹さんをBilly先生に紹介することにしていて、その連絡先をBilly先生に教えたのは4月であったという。

それなのにBilly先生はほとんど連絡を取らずに,私の部屋にわざわざやっていて、

「僕わぁ、このまま彼女には会わずに、そのままフェードアウトしていくでしょうねぇ。」

というので、これは何か動けということかと、察したのである。

まあ、ほっとけば良いものをお節介な私は彼を説得して、秘書さんにも協力を仰いで、お食事会にこぎ着けた。

実質見合いである。

Billy先生はミシュランガイドに載っているフレンチレストランを予約した。

女の子であればそういう場所のほうが喜ぶであろうと分析してのことである。

休日なので私は高速道路を使わない2時間のドライブで会場に向かった。

着くと私一人でしばらく待つ。

定刻にBilly先生は現れ、15分遅れで女性陣が現れた。

Billy先生は

勿体ぶってきっと遅れてきますよ

と事前に予測していたので、彼の分析眼に少々舌を巻いた。

女性陣は秘書さんとその友人、そして、ターゲットの妹さんである。

私とBilly先生はスーツ姿であったが、彼女たちはTシャツに半パン、麦わら帽子をかぶって現れた。

私は正直この時点でそう少々厳しいかなと思ったが、ニッコリとほほえんで、彼女たちが席に座るまで席を立って待っている。

Billy先生は張り込んで、この店で一番高級なコースを予約していた。

とても美味しい料理で、さすがはミシュランだと思ったものである。

会話では基本的にはBilly先生に主導権を持たせつつ、こちらはフォローの話を入れたり、教養を問うような雑談を挟んだりする。

単なる雑談と思われているかも知れないのであるが、見合いというのは試験の要素も含んでいると言わざるを得ないのだ。

ニコニコしつつも、頭の中では採点を進めているのである。

料理がすべて出るまで3時間もかかった。

私はそこで辞去して、あとはBilly先生の判断である。

しかし、気を使って疲れてしまった。

・・・・・。

Billy先生、それでも高級なコース、ごちそうさまでした。奢って頂くことにします。

・・・・。


このように疲れてしまったが、夜はJrと一緒に蛍を見に行った。

幻想的で蛍は人を恐れてか、手の届かない対岸付近を飛んでいた。

ゆっくりと揺らめく光に時を忘れ、ぼーとしていると、時間がさかのぼって、少年時代に戻っていく気がした。


#たくさんの蛍が舞っているところはうまくとれませんでした・・・



いつも読んでいただき,有り難うございます.


こちらから出ていただけると励みになります →

拍手[3回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3
10
18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[08/17 若松若水]
[08/12 mc3t3e1cells]
[08/11 mc3t3e1cells]
[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]