忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

試験中

先週末の学会での講演に対するお礼が一文字君から来ている.

彼はその学会幹事を引き受けてくれているのだ.

私が頼んで幹事を引き受けさせてしまったのである.

申し訳ないと思い,講演も快く引き受けたのだった.

秋には工場見学を企画しなければならない.

もちろん,協力させていただきやす!


今日からインフルエンザで休んでいた4年生も出てきた.

卒論の提出時期にかかるなんて間の悪さを感じざるを得ないが,遅れている分頑張ってほしい.


それから来年度の共同研究関連の手続きがぼちぼちと始まってきている.

ありがたいことです.

頑張ります!


スケジュールミーティングをしていると,3年生男子学生の訪問があった.

ミーティング中なのに入ってこようとしている.

午後の試験科目の質問をしたいようだ.

出直すように告げてから,ミーティングを続ける.

ミーディングが終わり,しばらくすると,彼がやってきた.

驚くべき事にタメ口である.

週末に問題が解けないと写メを送ってきたのも彼だった.

で,その写メには返信しておいたが,その後,礼一つなかったのだ.

よって,説教せねばらならない.

まず,口の利き方から,教わったことに関しては礼を言うこと,写メで質問をする学生との出会いは人生初であることなど,蕩々と説教した.

彼はふて腐れることなく,反省の色すら見せて聞いていた.

よって,その後,質問にはきちんと答えてあげた.

年々ひどいことになってきているが,義務教育というより家庭教育のたまものであろう.

・・・・.


昼休みには女子学生が質問に来た.

この子はよくできた学生で質問も的確,礼儀も良い.

従って成績も上位.

きちんと褒めておいてあげた.


その後はひたすら採点.

試験開始までに終わらせる.

試験ではBilly先生に監督を手伝っていただいた.

快く引き受けてくれた.

しかし,監督を終え,研究室に戻る途中で,寒気がするといいだし,

今の試験でインフルエンザをうつされたかも知れません

という.

そんなに速攻で移るはずないだろう.

が,そんなのにいてもらっても困るので,すぐに帰ってもらった.

終えたばかりの試験の答案を採点しなければならない.

が,それは置いておき,修論学生の発表練習をする.

やったことをすべて時系列的に言おうとして悉く言いたいことが伝わらない発表だ.

徹底的に指摘する.

最後の試練だ.

これを乗り越えて素晴らしい発表に磨き上げてくれ.



いつも応援,ありがとうございます.

ミーバーさん,拍手コメントありがとうございます.

拍手,ありがとうございました.

励みになっております.

拍手[6回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 8
14
16 17 22
24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]
[09/09 隣人]
[07/16 無名研究者]
[01/31 とおりすがり]

最新記事

(07/23)
(07/21)
(07/20)
(07/19)
(07/18)

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]