忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

話の内容か表現に独創性がなければ男子は沈黙しているべきだ

今日は朝から学科の会議。

学科長を2年もしたこともあって、学科長補佐のような感じで会議に参加している。

黙っていればいいのについつい口を挟んであとで反省していることが多い。

だめだな。

・・・。

会議を終えて、学食に行くと学生たちが戻っていて長蛇の列。

今日はガイダンスの実施日なのだ。

それで並ぶのをやめて、売店に行くとお弁当も売り切れている。

仕方なく、それも諦めて、研究室内の学生売店で塩焼きそばを買ってそれを啜る。

午後一で共同研究先とのネットミーティングがあるので、時間がないのだ。

塩焼きそばは味が非常に濃くて、味覚が破壊された感じがする。

・・・・。


共同研究先とのネットミーティングでは一夜漬けで仕上げた内容をランナー君と伊達さんが披露する。

為すべきことは多かったが、行うことをかなり絞ってしまったため、他の点についても検討するように宿題を頂いた。

うーん、こんなことではいかんな。

・・・。


ネットミーティングのあとはガイダンスに参加。

2年生、3年生と連続してある。

私は就職指導係なので、今年の就職戦線の状況やこの先の見通しなどの話をする。

それから”コミュニケーション力が必要”なんてことは学生は耳が腐るほどきいていると思うので、「竜馬がゆく」の一説を引用して、話に入った。
佐佐木の話しぶりはすらすらと話は弾むのだが,独創性はない.1つの概念をしゃべるとき,その内容か表現に独創性がなければ男子は沈黙しているべきだと竜馬は思っている.そのつもりで今まで自分を律してきた.(竜馬がゆく 8巻 P.47)
・・・。

ペラペラと話をしても、その話に独創性のかけらもなければ鐘が鳴っているのと同じ。

話を聞こうとは思わない。

これは面接に限ったことではない。

それからジロウ先生もよくご指摘なさっているが、”礼儀”である。

あとはよくある、恋愛と就活を絡めた話をして、15分の短い話を終えた。

みんな一生懸命聞いてくれていた。

短いから集中力も持ったのだろう。


その後は研究室に戻って、チャラ君の国際会議原稿直しと練習。

あとは締め切りものと戦って、少し遅めに帰宅。


拍手ありがとうございました。

いつも応援,ありがとうございます.

こちらから出ていただけると励みになります → 

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
5 6 9 10 11
12 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[08/17 若松若水]
[08/12 mc3t3e1cells]
[08/11 mc3t3e1cells]
[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]