忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

輪講と罠

本当ならば昨日行うべきスケジュールミーティングを、伊達さんの一言で、今日に回してしまった。

「先生♡ 本当に今日帰ってからミーティングするんです?」

と言う帰りの一言に

「やるにきまっとるやんけ」

といって我を張っても仕方ない気がして一日ずらしたのだ。


ミーティングでは学会での質問などや他に聞いた発表で印象に残った発表も紹介してもらった。

驚くべきことに、オーキド君は

「他に印象に残る発表はありませんでした」

といって、発表紹介をしないのだ。

そんなことでは学会に行く意味はない。

何のために学会に行くのか?

発表だけが目的ならばそんなつまらないことはない。

その辺を蕩々と解いた。


しかし、オーキド君もM2である。

M2にもなってこんなことでは私の教育の甘さを感じざるを得ないのである。

・・・・。

なけるぜ。 

・・・。


その後引き続き輪講。

今日は江藤君とオリーブさんが輪番。

この2人はM1なんかよりもよほどちゃんと準備をしていてくれた。

まあ、白丸かな。


輪講の後、部屋に戻って、締め切り仕事をしていると、他研究室の女子学生が尋ねてきた。

今度就職のイベントで就活体験プレゼンをお願いしている学生さんだ。

彼女によると指導教員のS准教授が

「研究以外のことをしている時間はないはずだ」

と彼女を責めるのだという。

・・・・。

彼女は就活体験を語ることは後輩のためでもあるし、自分自身の統括にもなって,是非やりたいといってきている。

何と大人であることか。

泣けることよ。

しかし、S准教授の気持ちも分かる。

学生の本分は勉強であるから。

が、彼女の人間としての厚みを増す経験としては時間を1日ぐらい費やすことは意味あることではないかと思ったりするのである。

だから、S准教授は厚みがない、つまり、軽薄なのかもしれないなあ。

・・・。

と・・ともかく、話は聞いて、このへんは専攻長や学科長と共同戦線を張ってみることにした。

が、強行突破はしない方針で、行く末を見守り、その際のS准教授の立ち振る舞いを観測しておくというものである。

・・・。

陰湿やんか。

・・・。


その後は共同研究先の宿題など少し手をつけたり、査読の論文を読んだり。

今週は土曜日も出勤のため、明日は有休を取ることにした。

それで、明日の秘書さんや学生の仕事を段取って、帰宅。

金曜日気分。


拍手コメント、ありがとうございます。

そうですよね。今が一番いい。これからはもっといい。


いつも読んでいただき、ありがとうございます。

こちらから出ていただけると励みになります。
よろしくお願いします。 → 


拍手[2回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3
10
18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[08/17 若松若水]
[08/12 mc3t3e1cells]
[08/11 mc3t3e1cells]
[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]