忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

逆襲のG

10月には仮配属がある。

我々の大学の場合、ほんとーに仮配属。

3年生は2週間に1度程度しか来ない。

それで4年生以上にプレゼンをさせて研究紹介をしたり、就活用に自己分析をさせたりするのである。

去年は定員割れであった。

どうもG研究室は大変そうだと言うことで敬遠されたのである。

しかし今年は競争率1.5倍程度。

しかもほとんどが女子学生。

「G研究室は大変かもよ」

と様子見にやって来た女子学生に言ってみたりしても

「私は大丈夫です!」

と頼もしい。

最近は女子学生の方がたくましいのである。

うむ・・・しかし、これから他研究室の先生方のアンチキャンペーンが始まって、本配属では定員割れをするかも知れない。

#なんでや

手を打たなければ。

しかし、どんな手で来るのかが読めない。

戦いとは常に二手三手先を読んで行うものだ。

・・・・・。


午前中は大学院の講義。

教室変更2度目にしてやっと全員が快適に座れて、プロジェクタも完備されている部屋を予約できた。

よかった。よかった。


午後は長会議。

2時間程度で終了。

長会議とはいえないか。

・・・・。


部屋に戻ると、今回の配属でG研究室に入れなかった女子学生が待っていた。

まあ、仮配属だからね。

配属先で指導を受ける内にいろいろとおもしろそうなトピックも見つかるだろう。

きっと。

ぐらいのことしかいえない。

頑張るように激励して、輪講へ向かう。


結果的に遅れて参加してしまったわけであるが、丁度、毛文竜君の輪番であった。

G研究室に入れなくても入れない学生が目に焼き付いていた私は彼のグダグダぶりに激怒してしまう。

ジロウ先生も仰っていたが勉強しなければならないものほど勉強をしないものなのである。

・・・・。

ちょっと言い過ぎたかと反省をしながらもその後各学生の所をまわって様子を聞いて部屋に戻る。

すると新たなる雑用の依頼(査読や正月の審査仕事)が山となって待っていた。

・・・・・。




いつも読んで頂きありがとうございます。

こちらから出て頂くと励みになります。→

拍手[4回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
5 6
8 11 12 13
15 16
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[08/17 若松若水]
[08/12 mc3t3e1cells]
[08/11 mc3t3e1cells]
[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]