忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

青と赤のエクスタシー

皆,国際会議で発表したいという.

これはやる気のない学生が多い中で,

うん,なんとかしてやりたいな!

と思うことではある.


が,実際に国際会議に連れて行ってみると,発表はぼろぼろで,質問には全く答えられず,こちらをすがるような瞳で見つめてくる.

会場はその視線の先の私に注がれる・・・・・.,

”おまえが指導教員か!・・・ったく,なんとかしろよ.”

という無言の視線を一斉に向けてくる.

・・・

・・・・.



あかーーーん!

これでは日本国の評価が下がる一方ではないか.

・・・.


なんとかせにゃいかん.

学生さんをきちんと世界で戦えるレベルまで教育により押し上げてあげなければいけない.

とはいえ,朝の英語プチゼミには参加しないし,英文法講座にももちろん参加しない学生さんである..

さらには,大学が用意してくれたTOEIC講座にも,参加を呼びかけるが,そのメールにすら反応なし.

・・・・.


極限まで努力し,事に当たっているなら,結果はともかく非常に彼らのためになることだと思う.

そうではなくて,

「発表はダメでした.

・・・・・が,いろいろと未経験の観光地を行くことができました.」

という感想は期待してないって!


この最小限の努力で最大限の成果を求めるというmini-max指向の風潮には流石に辟易としてきている.

頑張って活躍しようという意思は認める.

しかし,それに伴う努力は必要なのだ.

いくら望んでも翼がなければ空は飛べないのである.

翼を手に入れてほしいのだ.

そのためには並以上の努力がいる.

・・・.


期待しております.

・・・・.


いつも応援,ありがとうございます.

ミーバー様,おつとめご苦労様です.

コメントなどでのお問い合わせの件,yoshi先生のご許可を頂きましたので,先生の研究室でのゼミの進め方をご紹介します.
「うちの研究室の報告会では、「M2とM1がローテーションで座長を務める」「誰かの報告が終わったら、座長はまずB4を当てる(先輩の後は意見を出しにくいだろうから、うちの研究室ではB4が意見を言える雰囲気を作るようにしています)」「B4の意見がひと通り出てディスカッションが終わったら、座長はB4以外を当てるように進行する」「1回の報告会で、全員が必ず1回は意見を言う」「座長は『進行係』だけではなくて、意見がまとまらないとき実験方針の方向性をまとめる努力をする」・・・というスタイルにしています。教員としては、「意見がなかなか出ないとき」や「実験方針の議論の方向性が間違っているとき」に意見を出すようにしています。このやり方だと、学生さんが自然に育つ気がします」
                      yoshi先生による拍手コメントより
拍手,ありがとうございます.

こちらから出て頂けると励みになります→にほんブログ村 教育ブログ

拍手[4回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
5 6
8 11 12 13
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

[08/17 若松若水]
[08/12 mc3t3e1cells]
[08/11 mc3t3e1cells]
[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]