忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

バカ騒ぎの謝恩会

それで卒業式。

朝早くにK教授の研究室の学生さんが

G先生の講義、楽しかったです。

と静岡茶をもってきてくれた。

彼はすでに勤務先に引っ越していて、今日は卒業式のために戻ってきたのだという。

彼とは講義のあとに議論をしたこともあったことを思い出した。

ほんまにええ奴や。

卒業式は父兄の方々が多く見えておられており、会場も手狭であるので、式への参加は見合わせた。

しかし、各学科に分かれての卒業証書授与式には参加した。

これは学科長がそれぞれ一人ずつに卒業証書を渡す。

証書を渡される一人一人を見ていると、ああ、こやつはこんな学生だったなと様々な思い出が浮かんでくるのである。

が、その場にいた教員は私と栗林助教だけであった。

・・・。

学科長からは

優しい先生たちですね。

と言われたが、先生方が一人も来ないのも卒業生にとっては寂しいものであろう。

・・・・。


午後は通常通り仕事をして、夕方から謝恩会。

謝恩会を見ていると、バカ騒ぎしている学生が多く目について、これでは参加される先生方が減っていくのが分かる気がする。

謝恩会ではなくて、単なる卒業記念飲み会なのだ。

特に今年はキツかった気がする。

・・・。

2日前のブログに”学科長のところの学生は相当ひどかったのか”と書いたが、事実そうだったのである。

・・・。

それで学科長の代わりに立った挨拶では、本来では”学科長がここに立つべきであるけれども”と前置きをして、昨日書いた贈る言葉を講話した。

このときはみんなシーンと聞いてくれて、涙を流すものまでいた。

しかし、バカ騒ぎする礼儀のなさはどこから来ているのであろう。

甘さだな。

周りにいる我々が厳しく鍛えていかなければいけないと再認識するのであった。

自ら進んで苦労の道を選んで自分の持ち味を見つけるものが希と感じたからである。

・・・・・。

卒業なのにねえ。

もう遅いやんか。

・・・・・・。

それに他の研究室の学生の躾までは無理だぜ。

・・・・・。


拍手ありがとうございました。

また拍手コメントも励みになりました。

いつも読んでいただき,有り難うございます.


こちらから出ていただけると励みになります →  

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3
10
18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[08/17 若松若水]
[08/12 mc3t3e1cells]
[08/11 mc3t3e1cells]
[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]