忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき

カテゴリー「研究室の出来事」の記事一覧

新歓コンパと虚行

新歓コンパは大いに盛り上がった.

栗林助教の下に行ってしまった4年生が良い雰囲気を作り上げてくれるように気がした.

周りのことに気を配れる学生さんはきっと親御さんが立派なんだろうなと思ったりする.

2次会までついていくような野暮はやめて,Billy先生とBarで飲んだ.

帰宅はあきらめてホテル泊.

飲み過ぎてしまった.

・・・.


少し頭は痛いが,いつもの時間に出勤.

D3筑波君が夜なべして論文を仕上げてくれていた.

飲んだくれて頭痛の我が身を恥じる.

査読の打開作としてある手法を説明すると,一晩それを実装し検証している.

すばらしい.

・・・.


学生さんたちのうち,2名はウイルス性の風邪で休んでいる.

1名は就活.

しかし,輪講は通常通りに行う.

M2生が遅刻してやってきた.

まじめな学生さんなので,どうしたものかと心配になり,あとで少し話を聞いてみるが,原因はわからない.

単なる寝坊だろうか.


その後,国際会議の論文を仕上げて投稿.

学生さんの論文の校正もあがってきていたので,仕上げるように学生さんを励ます.

今月末締め切りの国際会議も有り,数名名乗りを上げてくれている.

エントリーを許可したが,あまりに英語がひどければ,取り下げる予定.

そんなに甘くはないので心してほしい.

・・・


その後はずーーーーーーっとお泊まり保育の準備.

委員の先生方に協力のお願いを出すが,そんなばかげたものに協力できるかという雰囲気である.

こういうときには頼んでいる人の人徳が影響する.

よって,断られる先生方も多い.

#泣けることよ.

これらの先生は覚えておいて,今後は協力してやらん.

#徳のないことよ.

・・・・.


学生リーダーたちにもメールをしてみたが,20名のリーダーのうち,

「わかりました」

という返信は1通のみ.

・・・.

先が思いやられるぜ.

・・・.


孤独感を感じながら,虚行とも思えるお泊まり保育の準備のために夜なべをするのであった.

・・・.


通りすがり様,やはりウイルス除菌スプレーは効果ないんでしょうか.とーしろーなもので・・

さき様,これからもよろしくね!

ミーバー様,気をつけます.


いつも応援,ありがとうございます.

拍手,ありがとうございます.

励みになっております.

拍手[9回]

PR

今日もやりまっせ

変な風邪がはやっている.

年度初め早々同僚の先生が38度ぐらいの熱で数日寝込まれたという話を聞く.

中国帰りである.

そしてBilly先生も中国に遊びに行っていたわけだが,体調を崩している.

やはりSARSなのか・・・.

とはいえ,彼は37度少し.

また,新入4年生も先週から38度の高熱で寝込んでいるし,今日はついに新入M1生が一人倒れた.

出てきているが,調子が悪いというものもいる.

これはウイルス性の何かに違いない.

よって,病原体には帰宅してもらって,除菌スプレーをまいておいた.

・・・.



その後,大型予算のキックオフのお誘い.

つくばまで行かなければいけない.

でられる日程がない.

どうしよう.

・・・


それから学生さんの英文校正.

これは新秘書さんに校正してもらった後に学生さんに直してもらったものである.

で,その校正がザルであることが発覚する.

で,我泣き濡れて校正.

再度学生さんに返却.

・・・.

おいらってば,見る目がないことよ.

これも人間力.

修行が足りない証拠.

・・・


講義の最終チェックをして,今年最初の講義に赴く.

昨年より2割程度受講生が増えていて,100人を超えている.

準備した教科書は足りなかった.

これは毎回の演習採点が大変だ.

毎回演習があって宿題があると脅したのに.

・・・.

しかし,例年になくやる気のある3年生だ.

期待できそう.

期待してまっせ!


いつも応援,ありがとうございます.

拍手,ありがとうございました.

励みになっております.

拍手[8回]

朝,博士後期課程入学希望者と面談.

かわいそうだが,他の大学を受けるように勧めておく.


その後,学生さんの英語の校正を新しく採用した秘書さんにお願いしてみる.

翻訳をしていたと言うことでこのあたりは得意だろうと思ってのことである.

あまり直っていないようであったが,そのまま学生さんに返却し,その後,私の方でもう一度見ることにした.

パソコンは一通りできると言うことで採用したのであるが,今日の様子を見る限りではWord以外(というかそれも怪しいが)できない様子であった.

フォルダの意味も知らない.

今後は採用試験が必要かと本気で考える.

・・・.


お泊まり保育の段取りのため,印刷物を発行し,先生たちに協力を依頼.

こんな協力の依頼ですみません.

本当は議論や解析の依頼をしたいところである.

・・・・.


夕刻,Billy先生が

「寒気がするので帰ります」

と顔を出した.

変な風邪がはやっていて,学生さんも高熱で寝込んでいる.

インフルではない模様.

SARSだろうか.

先週,Billy先生が遊びに行った中国から持ち帰ったのかも知れない.

スプレー除菌を丹念に行っておいた.

その様子が秘書さんに受けていた.

・・・.


夕刻,スケジュールミーティング.

新入生への課題がほぼ落ち着いてきたので,次は実験課題を出してみることにした.

その説明では,ホワイトボードを使って,一問一答で学生さんたちと問答.

「そもさん!」

「説破!」


戻ってからは明日の講義の準備.

どんな学生さんたちが受講してくれるか楽しみ.

春はいいなあ.


いつも応援,ありがとうございます.

ジロウ先生,拍手コメント,ありがとうございます.その大学,教えてください.・・・.

拍手,ありがとうございます.

励みになっております.

拍手[10回]

崩壊前

間接費制度により,科研費はもちろん受託研究や寄付金もピンハネされ臨時職員が増加している.

とはいえ,彼らにはプロ意識がない.

彼らを束ねる正職員は1年後交代で親組織に帰っていくので,テキトーにやり過ごせば良いと考えている.

受託研究先から頼まれた非課税措置の適用を依頼しても,

「わからないし,経験ないから,説明してくれ」

といわれ仕事が増えるし,倫理委員会の開催を頼んでも,結局,こちらですべてお膳立てしなければいけない.

とはいえ,臨時職員にあたえる仕事は必要である.

それで,申請書,報告書や計画書の重箱の隅をつつき始める.

それで理由書を書いたりしてさらに仕事が増える.

もう勘弁してくれ.


「うちの事務は補助体制がしっかりしているよ.」という大学があれば教えてください.

そこに転勤します.

・・・・・.


シンガポールあたりまで出ないと無理か・・


いつも応援,ありがとうございます.

司令長官先生,拍手コメントありがとうございます.本当にあほらしいことが増えて,研究と勉強の時間が削られて教員も学生もあほになっていく一方です.

拍手,ありがとうございました.

励みになっております.




拍手[13回]

雑用に始まる

ガイダンスに追われた1週間.

来週から講義が始まる.

これで雑用も落ち着くか・・・

いやいや.今度は新入生のお泊まり保育のイベントがあって,その準備を始めなければいけない.

私がせっかく委員長になったのだ.

こういうイベントは今年できっちり終わらせて,もっと身のある,意味のある研修に変化させたいものだ.

根回しをしないと・・・

とはいうものの,昨年度でお役御免になったはずの委員長仕事がまだ振られている.

困ったもんだ.

新入の研究室学生ともっと議論したいのに,こんなことに時間を奪われてしまうのだ.

まあ,”こんなこと”とはいえ,大学運営上は重要なことと言われるんだろうなあ.

・・・・.


大学執行部の皆さんにはそういう意味でも頭が上がらない.

研究の時間を犠牲にせざるを得ないのである.

というか,放棄せざるを得ないと言っていい.

おいらには無理でがんず.

・・・.


PDの採用理由書はこんな狭間を縫って完成させた.

PDで研究が進むと良いなあ.

PDが学生たちの刺激になると良いなあ.


企業との共同研究もそろそろ始動である.

うーーん,雑用がなければ・・・.



いつも応援,ありがとうございます.

拍手,ありがとうございます.

励みになっております.


拍手[12回]

カウンター

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
8
12 13
16 21
24 27 28 29
30

最新コメント

[11/04 油絵 ギフト]
[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]
[09/09 隣人]
[07/16 無名研究者]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]