忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

ゲーテとの対話

土曜日の午前中,休んでいるときは「ゲゲゲの女房」連続放送を見る.

それも1ヶ月に1回ぐらいだからよく分からないわけであるが・・・.

その中で娘さんが小学校の先生になって,クラス運営にうまく行かず,やめようかというシーンがあった.

 娘さんは水木しげるさんの反対を押し切って好きな道を選んだのだ.

そこで水木さんは言う.
好きな事をして生きるのはええ。

けど好きと楽する事とはちょっこし違う。

苦しい事や嫌な事があっても それでもやらずにはおられんのが本当に好きな事だ。

だけん迷ったり悩んだり落ち込んだり 苦い思いもしてみん事には好きな事は何なのか本当は分からんのだよ。

人は神さんではないけん 世の中を思いどおりには動かせん。

やるだけやってもうまくいかない時は ほれ 『好機の到来を待つほかない』。

人間にできるのはそれだけだ。

(ゲゲゲの女房 第150回)

 
好機の到来を待つ.

これはエッカーマンの「ゲーテとの対話」の中からの引用であるという.

意志の力で成功しない時には好機の到来を待つほかない
 
水木さんはこの娘さんのころ「ゲーテとの対話」を何度も読んだという.


23才頃やね.

私もそのころカバーをはずした赤い本の「ゲーテとの対話」は何度も読んだ.

再読したくなったなあ.

「ゲーテとの対話」はそのころよく行っていた古本屋での出会いであろう.

薄い本で「ゲーテとの対話」から格言めいた話を抜粋しているような本だった.

それで面白そうだと興味を持ち,岩波文庫の赤い本を買った.

ゲーテのようなじいさんは周りにいなかったからよい師匠となってくれた本だ.

まあ,それはいい.


この「ゲゲゲの女房」のエピソードは,学生がよく「好きだからやってます」とか,「この研究が好きです」とか,いうときに好きとはどういうことなのかを突き詰めるのにいい話だと思った.

私がよく使うトーク(ここ10年ぐらい使っている)で

本当に好きなことというのは2,3年それに集中して,嫌なことを乗り越えて,ああこれがやりたいことなのかと見えるもので,一見して,分野でひとくくりでやりたいことというのはみつかるものではない.

というのがあり,水木さんとの共通点が垣間見られた気がして,嬉しい気がした.


ちゃんと見ればよかったなあ,この番組.

とはいえ,時間的に無理だけど・・・・.



いつも応援有り難うございます!

こちらから出ていただけると励みになります.→ 人気ブログランキングへ

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1
7
13 14
18 20 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[08/17 若松若水]
[08/12 mc3t3e1cells]
[08/11 mc3t3e1cells]
[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]