忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

分野を極めると・・

9年前,今の田舎大学への異動が決まり,新しい科目を持たなければならなくなった.

新しい分野で準備が大変と思われた.

そういう話を研究会でしていると,グレート巨人教授が現れて,

「それは素晴らしい.

 私もその講義を始めたところなんだ.

 準備するのは大変だろうから,よければ私が使っている講義資料を送ってあげるよ.

 不十分かもしれないが,参考にしてみてくれ.」

とおっしゃった.

まあ,研究会のしかも酒の席だし,苦労して作られたものを出会ったばかりの青二才に送ってくれることもあるまいと思っていた.

が,1週間後に講義資料とPPTが入った封書が届いた.

・・・.


それを元に8年間その講義を続けてきている.

昨年からはその資料を基に教科書も作成し,それを講義で使っている.

もちろん,S教授との共同出版だ.

・・・.


私はね.海を眺めて水平線をボーと眺めるのが好きなんだ.

S教授と露天風呂から海を眺めていたときにぽろっとおっしゃった一言.

細かいことには拘らない人間の大きさとその一言が重なるのだ.

・・・.

と,このような文章にすると,S教授の追悼と思われるかもしれない.


S教授はお元気である.

2年前にK大を定年となったものの,未だいろいろなところで講演活動をされている.

市民講座から大学,もちろん学会.

そこで特別講演されるのは,資料を私に送ってくださった分野である.

しかし,S教授は良書をたくさん書かれていて,私も今年から始めた(学生にとっては難解な)講義はS教授が書かれたものを使っている.

しかし,S教授が特別講演で話されるのは,多くの書物を著した分野ではなく,私と共同で進めてきた分野という.


専門家とよばれるものの,自分が思っている専門と周りから見る専門はちょっと違ったりするものなのかもしれない.

ある特定の分野で専門を極めていけば,掘り進んだ周りが少し崩れて,それも極めているように見えたりするものだろうか.

・・・・.


そんなことをS教授宛の年賀状にコメントを書きながら思ったりするのだった.

年賀状ネタを引っ張ってみました.

・・・.


いつも応援,ありがとうございます.

拍手,ありがとうございました.

こちらから出て頂けると励みになります→

拍手[6回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1
7
13 14
18 20 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[08/17 若松若水]
[08/12 mc3t3e1cells]
[08/11 mc3t3e1cells]
[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]