忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

大学受験を考える生徒たちへ

最近の高校訪問やオープンキャンパスで思ったこと。

これは以前も書いたが、考えないことを選択する生徒が増えているのではないかと言うことだ。

最近は高校でも補習などをして学力補助をする取り組みが増えている。

これをうまく利用すればいいのに、塾を選ぶものが多いという。

塾に行けば、偏差値と大学を比較して、この偏差値ではこの大学だなと道を示してくれる。

#多くの高校もそうだが。


でも、それって本当に道なのかな?

塾の先生の言うとおりに自分の偏差値で入れる大学に入って、目的もなくバイトして、たくさんの会社にエントリーシート送って、引っかかった会社に入って、何となく生きていく。

考えないことを選択した人生だ。

それはそれでいいかもしれない。


考えることを選択すると言うことはやりたいことを見つけると言うことだ。

やりたいことをして毎日過ごすと生きていくのも楽しい。

がそれはなにか?

TVや本から触発されて、これがやりたいことかと思っても、なかなか実はそうでない場合も多い。

実は、”やりたいこと”はある期間それに集中して、取り組んで努力しないと見えてこないものなのである。

やりたいことの切っ掛けを見つけるために、やはり研究室で大学を選ぶべきである。

それにはオープンキャンパスが一番いい。

#うちはもう終わったけど。

オープンキャンパスで、

 学生が生き生きとしているか、

 博士学生はいるか、

 予算は十分に取ってきているか、

 企業と共同研究している様子か、

などを探るのである。

合コン、飲み会とか興味あるかもしれないが、そんなことを前面に出す研究室はスルーすべきである。

ちゃんと研究体制がしっかりしていて、予算が潤沢に有り、企業とも共同研究をしているような研究室をえらぶのだ。

そういう研究室ではきっとやりたいことが見つかるはずだ。

そこで訓練されれば、企業の面接に行っても相手が逆にビビるはずである。


生徒の皆さん、塾の先生に言われるがままに過ごすのではなく、研究室を探す旅に出てください。

ネットで下調べして、オープンキャンパスが終わっていれば直接訪問でも、多くの先生は喜んで迎えてくれるはずである。

お盆明けであれば・・・。

メールで自分の熱意を伝えて、訪問して、上の調査に当てはまるようであれば、覚悟を決めて、自分の道を切り開きましょう。



拍手ありがとうございました。

いつも応援,ありがとうございます.
こちらから出ていただけると励みになります → 

拍手[6回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 8 10
11 16
22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]
[09/09 隣人]
[07/16 無名研究者]
[01/31 とおりすがり]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]