忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

立志について

休みを利用して松陰神社に行った。



その後、松陰先生についての書を著した岩橋文吉先生が「立志」についてわかりやすく解説しているのをおもいだした。

(1)まずは自分探しをすること。

自分には天から授かったかけがえのない尊い独特の持ち味があると信じて、その持ち味を見つけることである。

これはなかなか難しいかも知れない。

松陰先生はこれを門人に根気よく伝えることをしている。

我々教員の役割も学生さんの持ち味を本人にまずは伝えてあげることが重要であるように思える。


(2)次に、その分野が何であろうともその分野で自分の持ち味を卓越した状態にまで高めるように努力することである。

これはそうなるように督戦するのが我々の役目であるし、学生自身がそのような努力をしないようであれば、志を持たない学生ということに他ならない。

その場合は「他に持ち味があるのでは?」と努力から逃れ、永遠の自分探しの旅に出てしまうのである。

こうした中年のプータローも多いと聞く。



・・・・。

(3)「立志とは自分の持ち味を発揮することが世の中の人々のために役立つという自分独特の道を見つけ、その道に志すことに他ならないのです」と岩橋先生は締めくくっている。

その持ち味を発揮させるため、我々は一緒にそれを見つけて、社会で志が立てられるようにして、送り出してあげなければいけない。

それが教育者としての仕事である。

と松陰先生は教えてくださった。


そして、教員自身は世の中の人々のために役立つ仕事を推進する研究者であらなければならない。

特にエンジニア出身である私は共同研究でなんとか自分の研究を産業界に還元することを試みている。

その大変さを見て、以前Billy先生が

大学の研究者というのは自分の好きな趣味みたいなことをやっていれば良いのであって、別に世の中の役に立たなくても良いのだ

と言っていたのを聞くと、情けなくなってくるのである。

その彼が書類で松陰先生を語っていたので、なおいっそう情けなく感じたものだ。

松陰先生はこの腐儒を叱咤することであろうと思い、私が時々叱咤するのである。

#何様や・・。

・・・・。



お盆も送り火を迎える・・。皆様、暑さもまだまだ続きます。ご自愛ください。


いつも読んで頂きありがとうございます。

拍手もありがとうございました。

ジロウ先生、コメントありがとうございました。先生の大学の学生さんなら瞬時で「そんなバカな提案に乗れるものか」といえる優秀さがあると思います。純粋にまっすぐで他の意見を聞けない性質も能力のうちなのでしょうね。とあきらめの境地です。

えぼらー様、拍手コメント、ありがとうございました。仰るとおりですね。もはや自己責任の域でそれ以上踏み込むことはやり過ぎの感じがしています。・・・・。


こちらから出て頂けると、励みになります。 → 

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 8
14
16 17 22
24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]
[09/09 隣人]
[07/16 無名研究者]
[01/31 とおりすがり]

最新記事

(07/23)
(07/21)
(07/20)
(07/19)
(07/18)

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]