忍者ブログ

教授ゴルギアス

地方大学教授のぼやき.なおこの物語は事実に基づくフィクションである.

陣借り ~日本再興計画~

今朝の讀賣新聞は日本再興計画の原案についてのもの。

大学改革では「特定研究大学」と「卓越大学院制度」が主な部分である。
「特定研究大学」制度は、授業料の減免などで国内外から世界的な研究開発に携われる人材を集めるものだ。
新興企業との共同研究で、大学発の起業も促進する。
来年の通常国会に関連法案を提出し、実現させるよう盛り込んだ。
このほか大学改革では、民間企業と大学などが連携して専門人材を集める「卓越大学院」制度も提案した。

                      (讀賣新聞 2015/06/21 1面)

・・・。

チャラ君が起業したが、少し待っておいた方がいろいろ新しい予算が出てきて良かったのかな。

・・・。


卓越大学院制度について、中央教育審議会の資料が公開されている。

GDPが急落していて、産業振興と言ってもトップ10%論文に占める日本の論文もどんどん減っている。

よって、国際競争力の強化のためには大学院の教育力と研究力が必要だという枕詞に始まり、大学院の目的は、<例>としながらも、

グローバル競争に勝ち抜くため、世界と戦える教育力と研究力を有する「卓越大学院」群の形成

【教育力】世界最高水準の博士学位プログラムと教育環境の構築

【研究力】優れた研究力を有する研究機関(他大学、大学共同利用機関、研究開発法人、企業等)との間で優れた学生、若手研究者等が交流・集結する「人材交流・共同研究のハブ」の形成
とある。

これからは優秀な研究者はさらに動きやすくなる。

そして地方には異動できないダメ研究者が蓄積されていく。

資料には評価指標(PDF最後のページ)も示されていて、専任教員数を分母として、獲得研究費、論文数、共同研究数・・・と具体的だ。

もちろん分子を増やすことも必要であるが、何も生産できない教員を除して、分母となる教員を入れ替える必要もある。

卓越大学院群に参加できる大学には優秀な人材がますます集結する。

これで大学の数も減っていくのかな。


数十年勤め上げた名誉教授はこれからは異動能力の無かった不名誉教授に地方大学では変わっていく。

「陣借り」感覚が必要である。



戦国武将やね。

・・・・。


いつも応援、ありがとうございます。

拍手、ありがとうございました。

こちらから出ていただけると励みになります→





拍手[2回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カウンター

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3
10
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[08/17 若松若水]
[08/12 mc3t3e1cells]
[08/11 mc3t3e1cells]
[10/31 yoshi]
[10/16 totetsutita]

プロフィール

HN:
Gorgias
性別:
男性
職業:
自然科学者
趣味:
歴史
自己紹介:
ある地方大学にて教員をしています
自然科学者ですが,趣味は歴史です
とはいえ,趣味はほとんど封印
雑用以外は研究に没頭する日々です...

ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析

Copyright ©  -- 教授ゴルギアス --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]